トップページ > 三豊・観音寺・丸亀の遺産相続 | 相談、手続き > 三豊・観音寺・丸亀の相続 | 相続放棄とは

三豊・観音寺・丸亀の相続 | 相続放棄とは

『相続放棄』について

 

相続には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3つの方式があります。

 

単純承認とは

単純承認する場合は、特別に行う手続きはありません。
また法律により一定の場合について、相続人の意思とは関係なく単純承認したものとみなす制度があり、「法定単純承認」と呼ばれます。
相続の開始を知ったときから3か月以内(熟慮期間と呼ばれます。)に、限定承認または相続放棄の手続きを取らなかった場合には単純承認したものとみなされます。
また、3か月以内に相続財産の全部または一部を処分した場合も、単純承認したものとみなされます。

 

‐単純承認にあたるケース‐
・相続人が遺産分割協議をした場合
相続人が遺産分割協議をした場合は単純承認にあたります。
遺産分割協議をするということは、相続財産につき相続分を持っているということを認識して、それを前提に相続財産に対して持っている権利を処分する行為だからです。

・被相続人の有していた債権の取り立てをした場合
相続人が被相続人の有していた債権を取り立て収受する行為は相続財産の処分にあたるとされます。

・被相続人の債務の弁済

・被相続人名義の不動産の売却、不動産の改修、名義変更

 

‐単純承認にあたらないケース‐
・相続人が被相続人の債務を支払った場合
被相続人の借金を相続人が自分の保険の解約返戻金を使って支払った事例において、単純承認にはあたらないとの高等裁判所決定があります。
これを相続人の相続財産から支払った、となると単純承認にあたる可能性が高まります。

・相続人が遺産から葬式費用を支払った場合
故人のお葬式が一般常識に照らしてあまりにも華美である場合などを除き、遺産から葬式費用を支払う行為は単純承認にはあたりません。
遺産の形見分けは、わずかなものであれば単純承認にはなりませんが、経済的価値のあるものであれば単純承認とみなされる場合があります。

 

限定承認とは

限定承認とは被相続人(亡くなった方)が残した財産にプラス財産とマイナス財産があった場合、プラス財産の限度内でマイナス財産も相続し、それ以上のマイナス財産は相続しない方法です。

限定承認がふさわしいケース 

1 債務超過しているかどうか明確でない場合
2 家業を引き継がなければならず、相続財産の範囲内であれば借金を引き継いでも良い場合
3 債権者のことを考えると、返済できる限りは返済したい場合
4 先祖から代々引き継がれた財産があり、借金を考えても相続したい財産がある場合

限定承認は相続人が相続の開始を知ったときから3か月以内に相続財産の目録を作成して、家庭裁判所に申述しなければならず、相続人が複数の時は全員が共同でしなければなりません。
財産目録には土地や家屋、自動車など相続財産の評価額を記載する必要がありますので、3ヵ月以内に相続財産の調査とどれくらいの価値があるのか判明させます。
申立ては相続人全員の連名が必要ですので、全ての相続人が判明して、近隣に在住し、尚且つ関係が悪くない場合でないと困難になります。
全く連絡の取れない相続人がいる場合は、不在者財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立てるなど、さらに手続きが必要になります。
限定承認の申立てが認められると、その日から5日以内に債権者全員に対して、限定承認の手続きをとったことを公告しなければなりません。

 

 

相続放棄とは

相続放棄とは被相続人(亡くなった方)の遺産すべてを放棄して一切の財産を相続しない方法です。
相続財産には「不動産」「現金」「自動車」などの相続を受ける者にとってプラスとなる財産もあれば、借金や住宅ローンなどマイナスとなる財産もあります。
相続財産がプラス財産よりもマイナス財産が多いときは、相続人は自らの財産から被相続人の負債を返済しなければなりません。
また、遺産の中に借金があるのに何もしないで放置しておくと、単純承認したものとみなされ、債権者から支払いの督促が来ることになります。
したがって、このような場合に相続人が被相続人の負債を背負いたくないときは相続放棄を検討します。
相続放棄をすると、その人は初めから相続人でなかったことになります。
相続放棄は相続の開始を知ったときから3か月以内家庭裁判所に申述しなければなりません。
なお、一度でも相続放棄の手続きをとると、後で気が変わったたとしても取消しができません。相続放棄は先祖代々の不動産や思い入れのある資産を手放す行為です。すべての相続人とよくよく話しあうことが必要です。
例外として、つぎの場合には相続放棄の取消が認められる可能性があります。
 ・詐欺や強迫行為によって無理に相続放棄させられた場合
 ・未成年者が単独で(法定代理人の同意なしに)相続放棄した場合
 ・成年被後見人が自分一人で相続放棄した場合

 

相続放棄と代襲相続について

代襲相続とは、相続人が被相続人よりも先に死亡していた場合、その子が相続人に代わって相続することです。
代襲は相続人が死亡した場合のほかに、相続人の不行跡などによって被相続人から廃除されている場合や不正行為によって相続者としての資格を剥奪(相続欠格)されている場合にも生じます。
ただし、相続放棄した場合においては、相続人は最初から相続人ではなかったことになりますので代襲相続しません。

 

 

 

相続放棄の方法

相続放棄は被相続人の最終の住所地を管轄する家庭裁判所に申述します。

☞必要書類
1 相続放棄の申述書
2 被相続人の住民票の除票または戸籍の附票
3 戸籍謄本
  a 相続放棄する人が被相続人の配偶者または子の場合
   ・申述人の戸籍謄本
   ・被相続人の死亡の旨の記載のある戸籍謄本
  b 相続放棄する人が被相続人の直系尊属の場合
   ・申述人の戸籍謄本
   ・被相続人の出生時から死亡時までの戸籍謄本
  c 相続放棄する人が被相続人の兄弟姉妹の場合
   ・申述人の戸籍謄本
   ・被相続人の出生時から死亡時までの戸籍謄本
   ・直系尊属が死亡している場合には、死亡の旨の記載のある戸籍謄本

 

香川県内の家庭裁判所

高松家庭裁判所 〒760-8585 高松市丸の内2-27 📞087-851-1942(受付センター)
高松家庭裁判所丸亀支部 〒763-0034 丸亀市大手町3-4-1 📞0877-23-5340(庶務課)
高松家庭裁判所観音寺支部 〒768-0060 観音寺市観音寺町甲2804-1 📞0875-25-2619
高松家庭裁判所土庄出張所 〒761-4121 小豆郡土庄町淵崎甲1430-1 📞0879-62-0224

 

相続放棄は1人だけでも可能です

相続放棄は限定承認とは違って、1人だけでもすることができます。
遺産の中に借金があると分かったら、他の相続人と意見を合わせる必要はありません。
また、他の相続人が反対したり、態度がはっきりしない場合でも単独で手続きを進めることができます。

 

香川県の相続のお問合せ・ご相談はこちら

初回60分無料相談実施中です。
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川内のご依頼を承ります。

山岡正士行政書士事務所
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
yamaoka.gj18@gmail.com
営業時間 9:00~19:00  休日:日曜祝日

 

 

 

 

無料診断受付中

メニュー

メニュー