香川県での相続 | 配偶者控除について

『配偶者控除』ついて

配偶者が相続した財産のうち、1億6,000万円または法定相続分どちらか高いほうの相続税が免除されるものです。

被相続人の財産3億円を配偶者と子で分割する場合、それぞれ2分の1が法定相続分ですので、取り分は1億5,000万円です。
この場合は1億6,000万円を下回っていますので、非課税となります。

次に、配偶者と親が相続人である場合では、妻の法定相続分は3分の2の2億円、母親の法定相続分は3分の1の1億円です。
妻の法定相続分である相続財産の額は1億6,000万円を超えていますが、配偶者控除は1億6,000万円または法定相続分のどちらか高い方が非課税ですので、妻の相続分に相続税はかからないことになります。

つまり、配偶者は1億6,000万円までの相続分には相続税が発生しないということです。

 

 

配偶者控除の要件

・法律上の配偶者であること(内縁の妻には適用されません)
・相続税の申告期限までに遺産分割を終え、申告書を提出していること
・仮装または隠蔽されていた財産ではないこと

 

 

配偶者控除の申告

配偶者控除を受けるには相続税の申告書に加えて「配偶者の税額軽減額の計算書」を提出して行います。

[相続税申告に必要な書類]
・申告書
・被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本
・遺言書または遺産分割協議書の写し
・相続人全員の印鑑証明書
・(申告期限内に分割ができない場合)申告期限後3年以内の分割見込書

 

 

配偶者控除の計算例

相続財産が1億円で、相続人が妻と子の場合ではいくらの控除ができるのか計算してみます。

1 課税遺産総額の算出 基礎控除額=3000万円+600万円×2人=4200万円
課税遺産総額=1億円-4200万円=5800万円
妻と子の法定相続分はそれぞれ1/2
妻 5800万円×1/2=2900万円
子 5800万円×1/2=2900万円
2 相続税の総額を算出 1の金額に税率表の税率を掛けて、控除額を控除して相続税の総額を計算します。
妻 2900万円×15%-50万円=385万円
子 2900万円×15%-50万円=385万円
相続税の総額=385万円+385万円=770万円 
税率表
法定相続分に応ずる取得金額 税率 控除額
1000万円以下 10%  
3000万円以下 15% 50万円
5000万円以下 20% 200万円
1億円以下 30% 700万円
2億円以下 40% 1700万円
3億円以下 45% 2700万円
6億円以下 50% 4200万円
6億円超 55% 7200万円
3 相続税総額を実際の相続割合に分割し、配偶者控除を適用する

今回のケースでは妻・子とも法定相続分の1/2で分割したとします。
妻 770万円×1/2=385万円←配偶者控除を適用すると0円

※配偶者控除は相続税の総額にかかるのではなく、実際に相続した割合の相続税額にかかることになります。
 
子 770万円×1/2=385万円

 

 

配偶者控除利用の注意点

配偶者控除の利用は、多額の相続財産を非課税にできる大きなメリットがありますが、二次相続に留意する必要があります。
夫から妻への一次相続においては、相続税の免除ができても、妻から子への二次相続場面では多額の相続税が発生することになり、トータルでみたときに節税にならないこともあります。

 二次相続した場合の相続税について詳しく説明します。
 二次相続した場合の相続税について

 

 

相続税の基礎知識にもどる

 

香川県の相続のお問合せ・ご相談はこちら

初回60分無料相談実施中です。
山岡正士行政書士事務所
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592
📞0875-82-6013
yamaoka.gj18@gmail.com
営業時間 9:00~19:00  休日:日曜祝日

無料診断受付中