贈与税額控除

『贈与税額控除』とは

👉贈与税額控除とは相続税と贈与税の二重課税を防ぐための制度です。

 

生前贈与を受けたことによって贈与税を支払っていた方が贈与者(被相続人)の相続人となり、相続税の納税義務が発生する場合に使うことのできる制度です。

 

通常、相続開始の3年以内に行われた被相続人から相続人への贈与財産は金額の大小に関わらず、全てが相続財産とみなされ、相続税の課税対象となります。(相続人以外への贈与は対象外です)

贈与税額控除の例

 

👉上記イラストでは、父の生前に子へ1,000万円の贈与が行われています。

 

相続時精算課税制度を利用しない場合、1,000万円から贈与税の非課税枠である110万円を引いた額に税率(特例税率)をかけて贈与税を計算します。

 

このときに支払った贈与税は177万円です。 

 

 

👉その後、被相続人である父が亡くなりました。死亡時の相続財産は1億円で、相続人は子2人です。

 

相続財産の1億円から基礎控除額である4,800万円を引いた5,800万円を法定相続分で分割した2,900万円にそれぞれ相続税が発生します。

 

ただし、子Aには相続開始3年以内に贈与された財産があるため2,900万円に1,000万円を加えた3,900万円に対して、相続税が発生します。

 

このときの子Aの相続税は580万円です。

 

ただし、この580万円の相続税には1,000万円の贈与を受けた際の贈与税177万円が含まれています。

 

相続税と贈与税の二重課税になっているわけです。

 

そこで、相続税の580万円から既に納税した177万円は控除して、残りの403万円を支払えば良いというのが贈与税額控除の制度です。

被相続人以外からも贈与を受けている場合

👉では、被相続人以外からも贈与を受けていた場合を見てみます。

 

同じ年に被相続人の父から1,000万円、叔父から500万円の贈与を受けていた場合、合計の1,500万円から110万円を控除した1,390万円に対する贈与税394万円が発生します。

 

子Aに発生する相続税から贈与税額控除をする場合、394万円を控除したのでは、叔父からの贈与分も含まれているため、この時には再計算をする必要があります。

 

計算式はこちらになります。

 

✔(納税した贈与税額)×(被相続人から贈与を受けた額)/合計贈与財産額

 

上記の例では

 

394万円×1000万円/1500万円=262万円

 

262万円を相続税から引くことができます。

贈与税額控除の注意点

👉控除しようとする贈与税額が相続税額を超える場合(贈与税額>相続税額)、その超えた分の贈与税については還付されません。

 

ただし、相続時精算課税制度によって贈与を受けたときに支払った贈与税が相続税を上回った場合は還付の対象になります。

相続時精算課税制度の贈与税の還付例

相続時精算課税制度は2,500万円までの贈与は非課税で、それを超える財産に20%の贈与税がかかるものです。

生前に父親が相続時精算課税制度を利用して子供に3,500万円を贈与した場合

👉生前贈与の際に子供が支払った贈与税は(3,500万円-2,500万円)×20%=200万円です。

 

父が他界したときの相続税が100万円としたとき(贈与税額200万円>相続税額100万円)、差額の100万円が還付されることになります。

 

相続税の基礎知識にもどる

相続のお問合せ・ご相談はこちら

✔初回60分無料相談実施中です。
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川内のご依頼を承っています。

🏡山岡正士行政書士事務所
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592

👉まずはお気軽にお電話ください!!
📞0875-82-6013
yamaoka.gj18@gmail.com
営業時間 9:00~19:00  休日:日曜祝日

 

無料診断受付中