トップページ > 三豊・観音寺・丸亀の円満相続 | 相談、手続き > 遺言書の書き方 > 三豊・観音寺・丸亀の相続 | 子供がいない夫婦の相続

三豊・観音寺・丸亀の相続 | 子供がいない夫婦の相続

子供がいない夫婦の相続で生じる問題点は?

子供のいない夫婦で、夫が亡くなり妻が相続する場合

イラストのように相続人が妻と被相続人(夫)の母親のとき、相続分は妻が3分の2、夫の母が3分の1となります。
夫の母との関係が良好で相続分の3分の1を放棄してくれれば問題ありませんが、そうでない場合は夫の母も3分の1を相続します。
このような場合に、遺言書がないと次のような問題が生じる恐れがあります。

・夫の母との関係が悪く、夫名義の不動産の名義変更ができない。
・自宅を売却して老人ホームの入居資金を作りたいが、自宅の名義が変えられず、売却ができないために施設への入居ができない。
・母親との関係は悪くないが、高齢で認知症になっていて。相続手続きをすすめるには「後見の申立て」が必要となっている。

 

 

子供のいない夫婦で相続人が妻と夫の姉の場合

 

このケースでは妻の相続分が4分の3、夫の姉が4分の1となります。
遺言書がない場合に生じうる問題は下記の通りです。

・夫婦で築いた財産の4分の1を姉に要求される。
・夫の姉とは関係性が良くても、その夫との関係が悪く、協力してくれない。
・夫の兄弟とは関係性は悪くないが、高齢で認知症となっていて後見の手続きが必要となっている。
・手続きが進まず、自宅や預貯金の名義変更ができない。

 

 

遺言書の必要性

上記ケースのように、自分の配偶者を将来にわたり心配させないためにも、有効な遺言書を残す必要があります。

 

 

 

遺言書の書き方にもどる

 

相続のお問合せ・ご相談はこちら

初回60分無料相談実施中です。
三豊・観音寺・丸亀を中心に香川内のご依頼を承ります。

山岡正士行政書士事務所
〒769-0402 香川県三豊市財田町財田中2592

■まずはお気軽にお電話ください!!
📞0875-82-6013
yamaoka.gj18@gmail.com
営業時間 9:00~19:00  休日:日曜祝日

 

無料診断受付中